鍋とフライパンの数と大きさ

お気に入りのもの

結婚後、鍋とフライパンを購入するにあたり、どのくらいの大きさのものがよいのか、何個もっていればよいのかを研究しました。
料理家の本を読みあさり、ネットも参考にし、結婚後4年たった今、自分なりの答えが出ましたのでまとめておきます。

スポンサーリンク

5個 鍋(大中小)フライパン(大小)

これがあれば3〜5人家族分の食事を不自由なく作れると思います。2人家族なら鍋は大小2つで大丈夫でしょう。

詳しいサイズ感を紹介します。

  • 鍋(小)1.2L→味噌汁5人分くらいまで作れる
  • 鍋(中)3L→4,5人分の煮物
  • 鍋(大)5.5L→カレー、おでん4,5人分

鍋は重くなると両手鍋になりますが、容量が少ない場合は片手鍋が便利です。鍋を片手で持って、お皿につぎ分けたり、洗ったりできます。

卵焼きや揚げ物は、フライパン(小)で作ってます。蒸し料理は鍋(中、大)でします。

ここに付け足して買うならば、ミルクパン、卵焼き用フライパン、揚げ鍋になります。わたしは揚げ鍋を検討中です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お気に入りのもの
スポンサーリンク
ももをフォローする
はなもも

コメント

タイトルとURLをコピーしました